Scroll

浄土真宗 福泉寺

掲示板

伝道掲示板
「あたりまえ」の画像
あたりまえ
2022年06月08日 00時48分
母が昨年ガンを見つけてもらって、抗がん剤治療ののちに手術・入院を経験した時の話です。 入院中は「なんで自分がこんな目に」という思いだったそうですが、たくさんの同じような患者さんを見てきて、今の自分の状況を特別と感じる思いが薄くなった、と話してくれました。 そして、退院後の自宅で一泊した翌朝、目が覚めたことを「奇跡」を感じたそうです。 あたりまえの反対は「ありえない」「奇跡」転じて「有難い(有ること難し)」です。この逆転現象を味わった人は、生きることが少し楽になるかも知れません。 皆様のご意見を聞かせてください。
「雨土となれ。」の画像
雨土となれ。
2022年01月02日 09時30分
ある席で総代さんと法座のご講師が話をしていました。 内容は聞こえませんでしたが、ご講師の「蝉に生まれたくないでしょ?」とおっしゃったのだけはクリアに聞こえました。 蝉だって一つの命。いや蝉の方が蝉を全うしている。それに引き換え、私は「私という人間」を全うしているか。そんなことを思うと、むしろ蝉の方がマシのようにも思われます。 あるご門徒さんが亡くなる前に「今度は鳥に生まれたい」とおっしゃっていました。ずっと足が悪かったから、自由に大空をはばたくイメージを持っていたようです。 さて、ご講師のこの一言。 これは「助けられる側(衆生)から、助ける側(仏さま)への転換」を意味します。仏教が「さとり」を目指すのは、この「一切の命あるものを救済する存在になる」ことを目指すことにほかならないのです。 今日のお通夜の方が、「生きとる間にみんなの喜ぶ顔を見ておきたい」といいながら、95年の命を全うされました。  
「一度であるが」の画像
一度であるが
2021年12月14日 06時40分
子どものクリスマスプレゼントを探すのに 親子でパソコンとにらめっこ。 私のころは、このシーズンを狙って 新聞のチラシの中におもちゃ屋さんのがあって、 雑誌のように持ち歩き、何度も見返したり、 切り取ったりしていました。 ネットにはまだ慣れていないかもしれません。 さて、子どもたちの日常を見ていると、 誕生日やクリスマス、発表会、試験など、 「特別な日」があることによって 張り合いのある一年が過ごせるのだろうと 思います。 そして、それは大人も同じことです。 だから、大みそかと元旦も同じ日として見られません。 そういうものですね。 さて、仏様のまなざしも「同じ日」として ご覧になっておられません。 しかし、私たちのように、日々にメリハリも つけられません。 毎日が、二度と戻らない「特別な日」と 教えてくださいます。 問題は、それを聞いても一日を「普通に過ごす私」。 「死に直面しないと気づけない私」。 どこまで行っても真実に昏(くら)い私です。